コストコのパンオショコラがリニューアルして美味しくなっておすすめ!その名もパンオショコラサヴール

スポンサーリンク

コストコのパンオショコラがリニューアルして美味しくなったパンオショコラサヴール 998円がおすすめ!

PAIN AU CHOCOLAT SAVEUR

パンオショコラサヴール

容量:550g(24個入り)

価格:998円

コストコのチョコクロワッサン(パンオショコラ)が大好きな我が家の子供達ですが、このパンオショコラの難点といえば、買ってきた翌日以降に食べようとすると硬くなっているという点でした。

子供達も買ってきた翌日以降に「かた〜い」と言ってなかなか食べてくれないことがあり少し困っていたのですが、リニューアルされたパンオショコラサヴールは翌日意向も硬くならない!

そして、店頭のポップに書いてあったのですが、バターを以前より良いものに変えたということでその点がリニューアルされて「美味しく」なったのだそう。

スポンサーリンク

クロワッサン生地のパサパサ、ポロポロが無くなった

パンオショコラを食べるときは、以前なら「お皿の上で食べないさいね」と一言注意したくなるくらいパンのクロワッサン特有の生地がパサパサと、ポロポロと落ちてきてしまいクロワッサンカスでテーブルが汚れるというくらいだったのですが、そのパサパサもなくなりました。

お皿の上で食べなくてもパンのカスが出ません。

それくらいしっとりしているということ。

以前のTHEクロワッサンという感じがお好みだと今回のリニューアルはちょっと寂しいかと思いますが、私のように翌日以降に硬くなってしまう点や、パンのカスで汚れるのが嫌だった方には嬉しいリニューアルだと思います。

スポンサーリンク

チョコレートは以前と変わらぬ美味しさ

パンオショコラの目玉といえば縦にきっちりと2本入っている美味しいチョコレート。

生地とのバランスが絶妙で子供達が喜ぶ美味しさが詰まっていますよね。

この美味しいチョコレートのバランスと配分は今までとは変わっていませんのでご安心くださいね。

お値段は118円アップ「サヴール」の意味とは?

お値段ですが、以前は880円で販売されていました。

ですが、リニューアル後は998円となりました。ということは118円アップ。

これは妥当なのかな?とちょっと疑問に思ったり・・・。

118円アップするための材料が使われているということなのでしょうかね。

気になるサブールの意味ですが、「サヴール」とはフランス語で「風味」「味わい」を意味するそうです。

材料を変えてパンオショコラの風味や味わいを118円分アップさせたということなのでしょうか。

子供達も大好きなパンオショコラなので118円アップしても美味しくなっていることですし、やっぱり買ってしまう我が家です。

Today’s Mommy まとめ

家族みんなが大好きなパンオショコラの新しくなった「パンオショコラサヴール」は確かに美味しくなっていました。

でも、118円分の金額アップ・・・。

バターの種類が変わったそうなのでしょうがないのかな?と思える人にとっては買って損はないお味。

そして、美味しくなったので1回に食べる量が増えました(笑)

今までは1〜2個食べると満足していた子供達ですが、3〜4個食べたがります。

カロリーも気になるので途中でストップをかけましたが確かにパクパクとたくさん食べたくなる気持ちはわかる。今までのサクサク感を少し抑えて、しっとり感もプラスされているチョコクロワッサンサブール。マミー的には有り!って思いましたよ。

ダイエット中の方以外の気になる方(笑)は試してみてくださいね!